2011年09月20日

新刊ミステリ

倉阪鬼一郎さんから新刊をいただきました。
いつもありがとうございます。

五色沼黄緑館藍紫館多重殺人(講談社ノベルス)
五色沼黄緑館藍紫館多重殺人

 某県・五色沼のほど近くに唐草模様で彩られた黄緑館・
藍紫館という名の面妖な洋館が並んで佇んでいる。深い
霧と降りしきる雪の中、館のお披露目パーティーが開催
された。が、招待客はわずか4人。奇妙なムードの中
第一の殺人が!! 被害者は「怪物が・・・」と死の直前に
呟く。連鎖し起こる不可能殺人! 衝撃の真相が待つ!!
(裏表紙の内容紹介より)


 講談社ノベルスでおなじみ「バカミス」新作。
 今回も、これでもかこれでもかと最後の最後まで仕掛けが詰め込んであります。
 全ての謎に答があるのはもちろん、謎じゃないようなところまで解明されてしまって、謎より謎解きのほうが手数もページ数も多いじゃないかという、謎解きミステリーならぬ謎解かれすぎミステリー。
 いずれ文庫化してもらいたいものです。


posted by namiki | Comment(2) | TrackBack(0) | Trash
この記事へのコメント
 おお、お元気でなによりです。台風の被害はだいじょうぶですか?
Posted by 尾之上浩司 at 2011年09月21日 09:34
ごぶさたしております
こちらは涼しくなっただけで何ごともないですよ
そちらはいかがでしょう
Posted by namiki at 2011年09月22日 02:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。