2008年06月21日

オカルトつながり

徹子の部屋のゲストがミナ・ハーカー、じゃなくてサチ・パーカーだったので、なんとなくネット検索してみたら、母親のシャーリー・マクレーンとウィリアム・ピーター・ブラッティが友人だったとかで、小説『エクソシスト』は彼女ら母娘のイメージで書かれた、てなことが書いてあった(サチがリーガン)。
ちなみに徹子の部屋で語られたエピソードに出てきたサチの娘の言動が、何やら祖母の思想の影響を感じさせるようなものだった。前世がどうこう?みたいなことを言うそうな。

なお日本版ウィキペディアには、本名「サチコ」は小森和子の命名だとあるが、本人の説明は全然違うものだったぞ。


posted by namiki | Comment(0) | TrackBack(0) | Trash
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。