2010年03月29日

訃報と重なる確率

「歌手・しばたはつみさん死去」のニュースに接した。
 昨日、たまたま『狂った野獣』という映画のことを思い出し、なんとなくグーグルで検索したところ監督の中島貞夫自身による解説というのがyoutubeにあるのを知り、それを視聴したついでに、横に出ている関連動画のなかに同じ渡瀬恒彦主演の『化石の荒野』予告編がならんでいたのでついでに視聴し、その流れでしばたはつみによる主題歌も聴いたところである。
 こういうのを虫の知らせ、ではなく、単なる偶然というのであろう。しばたはつみの「化石の荒野」は何ヶ月かおきぐらいにyoutubeで聴くから、関係者の訃報とたまさか時期が重なる確率がどの程度にせよ、そう不自然に低くはないはずである。
 この歌はもともとが映像イメージと結びついた楽曲だが、西村寿行の初期冒険小説にはまっていた十代の終わりごろによく聴いていた歌なので、個人的な記憶イメージと結びついた思い入れもある。






2010年03月09日

新刊ホラー

倉阪鬼一郎さんから新刊をいただきました。
いつもありがとうございます。

さかさ (角川ホラー文庫)
さかさ
『うしろ』『すきま』『ひだり』に続く第四弾。
 今回はしょっぱなから派手な場面の連発でサービス満点の作。エロ、グロ、バイオレンスに加えて南方ロマンもあり。ちょっと西村寿行を思い出したりもした。

 ひとつ些細なことだが気になった箇所、328ページの後ろから3行目(空白行含めると4行目)。校正の見落としか、あるいは「心のなかで」とでも補って読んでおくべきか。

posted by namiki | Comment(0) | TrackBack(0) | Trash

2010年03月04日

おすすめできないもの情報

 このあいだテレビ放映された『ファンタスティック・フォー/銀河の危機』を録画してあったので見ていたのだが、途中から画面がびらびら乱れ始め、どうにか最後まで四苦八苦して見はしたものの、終盤はほとんどまともに視聴できる状態といえるものではなかった。
 録画に使用したのは、テレビ録画用にすでに何回か重ね録り使用してきたVHSテープである。重ね録りによって同じような状態になってしまったテープは他にも何本かあり、少し前にはケビン・コスナー主演の『守護神』やジャン=クロード・ヴァンダム主演の『レクイエム』が同様の憂き目にあった。こうなってしまうと経験上、そのテープはもう使いものにならない。テープ自体が駄目になっているらしく、上から別のものを重ねても乱れはリセットされない。
 さてここにひとつ、とても明白な事実があって、その現象が起きたのはすべてVictorのテープだということである。それより何十倍も重ね録りの繰り返しで酷使してきている他社VHSテープが何本もうちにあるのだが(有名メーカー各社のものからよくわからないメーカーの安いものまで)、そうした現象は起きていない。重ね録りで画質が落ちることはあっても、乱れて視聴不可能になったものはない。Victorのテープだけである。
 技術的な原因は知らないが、消費者の立場からは実にわかりやすい話ではある。

posted by namiki | Comment(0) | TrackBack(0) | Trash

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。