2008年05月26日

映画コラム

 九州・山口版だけだと思うが、読売新聞に「廣瀬千尋の眼」という映画コラムが連載されている。
 それの5月25日(日)付、『山のあなた 徳市の恋』を取り上げた回より。

清水宏監督の『按摩と女』(1938年)のリメイクなのだが、ただのリメイクではない。いわば完全復刻版なのだ。
 他人の作品をリメイクする場合、オリジナル版の設定、ストーリー、人物、描写をどこまで生かすかによってオリジナルと印象の異なるものとなる。(中略)とりわけつくり手は、再映画化する以上は前作を超えようとするから、感じの異なるものになるのが普通。
(中略)
『椿三十郎』(62年)のリメイク版(2007年)が、オリジナル脚本をそのまま使ったのはむしろ珍しい例として話題になる。
 ところが今回の『山のあなた・・・・・・』の場合は、そのうえをいってオリジナル版の各場面をそのまま再現することに努めたという。脚本は失われていたが作品そのものは残っていたので、そんなことが可能となった。こんなリメイクは初耳だ。絵画の模写、あるいは下書きをなぞる写経を思わせる仕事である。その意味でこれは珍品といっていい。

「初耳」って、ガス・ヴァン・サントの『サイコ』があったじゃん。
 読売(九州・山口版)のこの面では、もう終わったが安部文範という方の「文さんの映画をみた日」というコラムも以前に連載されていて、そっちはなかなか読み応えがあったのだが、残った「廣瀬千尋の眼」のほうは同じ映画コラムでもふにゃんふにゃんである。
 似たような実験をやっている(映画ファンにとっては有名な)前例があるんだから、何ごとかを語るのであれば、両者を比較して意図の違いなり何なりに言及するぐらいのことは最低限やらないといけない。そうでないなら最初から何も語らないほうがよい。前例を知らないというのだったら、知らないことは語るべきでないと知るべきで、ろくに調べもせずに「初耳」などと作文上の行きがかりで書いてしまうのは、少なくとも評としてはアウトである。
 たかが新聞ごとき、パンフレットを引き写しただけの薄っぺらな紹介記事として流し読んどけってことなのかもしれないが(実際、内容はそれ以外の何ものでもないのだが)、「眼」などと視力自慢げなタイトルを冠している以上、最低限の目配りぐらいは期待してしまうではないか。

posted by namiki | Comment(2) | TrackBack(0) | Trash

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。